Achievements

academicsociety/symposium

2004年

人Chiba T, Hashimoto Y, Yamada M, Kita Y, Matsuoka M, Nishimoto I.
内容Neuroprotective effect of activity-dependent neurotrophic factor, ADNF, against toxicity by familial amyotrophic lateral sclerosis-linked mutant SOD1 in vitro and in vivo.
学会5th Neurobiology of Aging Conference 2004
場所San Diego, USA
日付2004年10月22日
人Kawasumi M, Chiba T, Yamada M, Miyamae-Kaneko M, Kouyama K, Nakahara J, Tomita T, Iwatsubo T,Kato S, Aiso S, Matsuoka M, Nishimoto I.
内容Aged knock-in mice expressing V642I mutation in amyloid precursor protein show functional abnormality resembling early stage of Alzheimer's disease.
学会Society for Neuroscience 34th Annual Meeting 2004
場所San Diego, USA
日付2004年10月25日
人Hashimoto Y, Terashita K, Niikura T, Aiso S, Matsuoka M, Nishimoto I.
内容Humanin antagonists: dimerization-interfering mutants inhibit neuroprotection of Humanin.
学会Society for Neuroscience 34th Annual Meeting 2004
場所San Diego, USA
日付2004年10月24日
人Kanekura K, Hashimoto Y, Niikura T, Abe Y, Aido S, Matsuoka M, Nishimoto I.
内容Alsin, the product of ALS2 gene, suppressed SOD1 mutant neurotoxicity via RhoGEF domain by interacting with SOD1 mutants.
学会Society for Neuroscience 34th Annual Meeting 2004
場所San Diego, USA
日付2004年10月26日
人Niikura T, Hashimoto Y, Obata Y, Matsuoka M, Nishimoto I.
内容Attenuation of SDO1 mutant-induced cytotoxicity by sumoylation
学会Society for Neuroscience 34th Annual Meeting 2004
場所San Diego, USA
日付2004年10月24日
人栗田恩 鈴木宏昌 松岡正明 水本清久 正井久雄
内容転写抑制共役因子CR/periphilinはCdc7の発現を低下させS期停止を引き起こす
学会第77回日本生化学会総会
場所大阪
日付2004年10月14日
人橋本祐一 金子友香 塚本絵美 金蔵孝介 名和幹朗 新倉貴子 相磯貞和 Dale Bredesen 松岡正明 西本征央 
内容Molecular characterization of neurohybrid cell death induced by Alzheimer's amyloid-beta peptides via p75NTR/PLAIDD.
学会第23回日本痴呆学会
場所東京
日付2004年9月29-30日
人松岡正明 鈴木宏昌 栗田恩 水本清久
内容癌抑制遺伝子ARFはBCL6による転写抑制を阻害する
学会第63回日本癌学会総会
場所福岡
日付2004年9月29日
人橋本祐一 新倉貴子 相磯貞和 寺下謙三 松岡正明 西本征央
内容ヒューマニン アンタゴニスト:二量体化作用欠失ヒューマニン変異体によるヒューマニン神経保護作用の阻害
Humanin Antagonists.
学会Neuro2004 第27回日本神経科学・第47回日本神経化学 合同大会
場所大阪
日付2004年9月21-23日
人金蔵孝介 橋本祐一 新倉貴子 相磯貞和 松岡正明 西本征央
内容新規ALS原因遺伝子産物alsinによるSOD1誘導性神経細胞死抑制機構の解析
Alsin, the product of ALS2 gene, suppressed SOD1 mutant neurotoxicity via RhoGEF domain by interacting with SOD1 mutants.
学会Neuro2004 第27回日本神経科学・第47回日本神経化学 合同大会
場所大阪
日付2004年9月21-23日
人Niikura T, Matsuoka M, Nishimoto I. 
内容Humanin and its derivatives, a new lineup of neuroprotective peptides.
学会3rd International and 28th European Peptides Symposium
場所Prague, Czeck Republic
日付2004年9月9日
人Kita Y, Niikura T, Tajima H, Hashimoto Y, Matsuoka M, Nishimoto I.
内容A neuroprotective factor, Humanin, is highly effective against Alzheimer's disease relevant insults.
学会Drug Discovery Technology World Congress
場所Boston
日付2004年8月8-13日
人田島裕久 川澄正興 新倉貴子 松岡正明 西本征央
内容細胞死抑制因子Humanin誘導体S14G-Humaninによるβ-amyloid健忘改善効果を示し たマウスの組織化学的解析
学会第77回日本薬理学会
場所場所:大阪
日付2004年3月9日
人神山圭介 川澄正興 千葉知宏 山田真吏奈 金子真希子 石坂美穂 西本征央
内容潜時学習記憶能力の低下を示す加齢V642I-APP点変異ノックインマウスの脳における差次的発現遺伝子の解析
学会第77回日本薬理学会
場所大阪
日付2004年3月9日
人新倉貴子 山田真吏奈 石坂美穂 千葉知宏 松岡正明 西本征央
内容アミロイド前駆体蛋白質の家族性アルツハイマー病型V642I変異体が初代神経細胞に誘導する細胞毒性機序の解析
学会第77回日本薬理学会
場所大阪
日付2004年3月9日
人川澄正興 千葉知宏 山田真吏奈 宮前-金子真祈子 松岡正明 石坂美穂 中原仁 富田泰輔 岩坪威 相磯貞和 西本征央
内容神山圭介アミロイド前駆体蛋白質にV642I変異を導入したノックインマウスはアルツハイマー病の初期段階を反映した機能的異常を示す
学会第77回日本薬理学会
場所大阪
日付2004年3月8日
人阿部陽一郎 神山圭介 名和幹朗 新倉貴子 喜多淑子 松岡正明 西本征央
内容In vitro differentiation of V642I-APP knock-in ES cells into postmitotic neurons harboring Alzheimers disease genotype and phenotype.
学会第10回光科学技術で拓く脳・神経科学平和探究研究会
場所浜松
日付2004年2月25-27日