メディア掲載情報

2020年度 メディア掲載情報

※2020年4月以降の本学教職員のメディア掲載情報一覧です。
※法人総務部広報・社会連携推進課にて掲載確認できている実績を掲載しています。(2020年10月15日現在)
※大学所属の教員への取材をご希望の方はこちらからお問い合わせください。
※その他の施設所属の教職員については各施設へお問い合わせください。

2020年10~12月

10月13日 大学 医学総合研究所 分子細胞治療研究部門 教授 落谷 孝広

内容:コロナ重症化を判別 東医大 血液中のたんぱく質で
新型コロナウイルス感染症で重症になりやすい人の判別に使えるたんぱく質を発見     
媒体:日本経済新聞
▶関連する研究プレスリリースはこちら>>
10月10日 大学病院 循環器内科学分野 准教授 里見 和浩

内容:心房粗動の診断・治療方法
媒体:日本医事新報
10月7日 大学 公衆衛生学分野 講師 菊池 宏幸

内容:心の不調 年収低いほど多く 新型コロナ流行 2、4月調査
菊池講師「低所得者に配慮したメンタルヘルス対策が必要だ」とコメン
媒体:毎日新聞 夕刊
▶関連する研究結果はこちら>>
10月3日 大学病院 整形外科学分野 准教授 遠藤 健司
内容:外傷性頸部症候群の診断・治療方法と後遺障害診断書作成のポイント
媒体:日本医事新報

2020年7~9月

9月29日 大学病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野 臨床准教授 清水 顕
内容:ここまで進んだ最新治療:咽喉頭がんのダヴィンチ手術に期待
媒体:夕刊フジ
9月25日 大学病院 放射線医学分野 教授 阿部 光一郎
内容:特集 医療被ばくの正当化と最適化に向けて PartⅣ
Ⅱ Japan DRLs 2020改訂の概要と活用のポイント
6. 核医学DRLsの改訂の概要と活用のポイント
媒体:インナービジョン
9月25日 大学病院 皮膚科学分野 教授 大久保 ゆかり

内容:教えてドクター!
もっと知って、「乾癬(かんせん)」のこと 治療上の不安や疑問は皮膚科専門医に相談を
媒体:リビング東京副都心
9月25日 大学病院 渡航者医療センター センター長(教授) 濱田 篤郎
内容:東京医科大濱田教授「感染対策は5合目」、事業継続へ安全配慮
9月24日開催の県南西政経懇話会で「職場における感染症対策」と題し講
媒体:茨城新聞
9月22日
大学 公衆衛生学分野 助教 町田 征己

内容:マスクの表面、触らないで
東京医大などのチームが4月に実施したアンケートで、正しい使用は2割程度と判明
チーム「日常で無理なく行える正しい使用法を今後も啓発する必要がある」とコメント
媒体:フジサンケイ ビジネス アイ
▶関連する研究結果はこちら>>
9月22日
大学 ケミカルバイオロジー講座 特任教授 半田 宏

内容:東京工業大学・東京医科大学・埼玉医科大学の共同研究
血液がんの一種である「多発性骨髄腫」の治療薬の抗がん作用の仕組みを解明
媒体:日刊工業新聞
▶関連する研究プレスリリースはこちら>>
9月20日 大学病院 栄養管理科 科長 宮澤 靖

内容:ナースのための医療・看護 最新TOPIC
ガイドライン「日本人の食事摂取基準」が改定 ナースが知っておきたいポイント
媒体:エキスパートナース
9月20日 大学病院 シミュレーションセンター センター長 阿部 幸恵(看護学科長)・助教 冷水 育

内容:患者のみかたと看護のしかた
第7日目 ストーマ造設した患者さん ストーマセルフケア指導できていますか?
媒体:エキスパートナース
9月16日 大学病院 皮膚科学分野 教授 大久保 ゆかり

内容:どうしました?(読者Q&A) 「出産後、手足に水ぶくれ 出産との関係は?」に回答
媒体:朝日新聞
9月15日 大学病院 産科婦人科学分野 教授 久慈 直昭 ・ 助教 吉田 梨恵
産科・MFICU 看護師長 大島 久美 ・ 栄養管理科 栄養管理士 丸山 佳純

内容:たまちゃんが行く!あなたの街の産院紹介! VOL.5
すべての妊婦さんに"今"を楽しんでもらうために医療、社会の両面からしっかり支える!
・ハイリスクの妊婦さんも受け入れ、他科と連携して高度な医療を提供
・医療だけではなく、地域と連携したサポートも
・産婦さんたちに大人気!見た目も美しく、おいしい食事
媒体:たまごクラブ
9月15日 大学病院 循環器内科学分野 教授 冨山 博史

内容:令和元年度東京都医師会医学研究賞奨励賞受賞
研究テーマ「高血圧発症危険因子としての高尿酸血症の意義とその機序の検討」
媒体:都医ニュース
9月14日 大学病院 整形外科学分野 准教授 遠藤 健司
内容:肩こりは今すぐ根治できる
ファシア(深層筋膜)について解説、ファシアのすべりセルフチェック・肩甲骨はがしを紹介
媒体:AERA
9月12日 大学病院 皮膚科学分野 助教 小林 知子

内容:<健康往来>私らしく生きるために 白斑のなやみを解決
媒体:婦人之友
9月11日 大学病院 臨床検査医学分野 教授 天野 景裕

内容:血友病患者のQOL向上、個別化医療に期待
9月10日に開催されたCSLベーリング主催のセミナーで
媒体:日刊薬業
9月10日 大学病院 皮膚科学分野 主任教授 原田 和俊

内容:<働くオンナの救Q箱>テーマ:ストレスが多いと円形脱毛症になるの?
媒体:メトロポリターナ
9月7日
大学病院 眼科学分野 准教授 丸山 勝彦

内容:あなたを癒やす医心伝身 第657回
点眼薬治療が基本の「緑内障」 進行例では濾過手術の選択も
媒体:週刊ポスト
9月5日
大学病院 総合診療医学分野 准教授 及川 哲郎

内容:教えて!ヨミドック 下痢になったらどうする? 下痢の時の対処法を紹介
媒体:読売新聞(夕刊)
9月4日
茨城 脳神経外科 臨床准教授 齋田 晃彦 ・ 看護部 看護師 石川 景子

内容:県救急医療功労者知事表彰式が県庁で開かれ、茨城県の救急医療の充実に貢献した
団体・個人(4団体・医療従事者31人)に大井川和彦知事から表彰状が贈られる
媒体:茨城新聞
8月18日
大学 医学総合研究所 分子細胞治療研究部門 教授 落谷 孝広

内容:キユーピー・横浜国立大学・東京医科大学の共同研究、NEDOの公募事業「説明できる
AIの基盤技術開発」に採択
マイクロRNAと将来の発がんリスクの関係について研究を継続しつつ、医療現場と連携した
社会実装の検討も行う予定
媒体:日刊工業新聞 など
▶関連する研究プレスリリースはこちら>>
8月8日・
15日
大学 公衆衛生学分野 講師 菊池 宏幸

内容:お盆の医療大特集 コロナと健康の大問題 「座りすぎ」が命を奪う
菊池講師「オーストラリアのシドニー大学の研究によれば、座っている時間が長い人ほど
総死亡リスクが高まることが明らか」とコメント
媒体:週刊現代
8月12日
大学 公衆衛生学分野 助教 町田 征己

内容:第1波2~5月に「風邪症状発症後7日以内に出勤」6割 政府の要請浸透せず
東京医大などの調査 国際医学誌に発表
町田助教「仕事は職場でするものという風潮を変え、体調不良時に無理に出勤せずに
済む環境整備が必要だ」とコメント
媒体:読売新聞(夕刊)など
▶関連する研究ニュースリリースはこちら>>
8月11日
大学 ケミカルバイオロジー講座 特任教授 半田 宏

内容:令和二年度日本医療研究開発機構(AMED)
医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業 SICORP 日・カナダ共同研究に係る公募を実施
SICORPスペインのプログラムオフィサー(PO)に半田宏教授
媒体:日本医科器械新聞
8月6日
大学病院 薬剤部 薬剤師 関根 祐介

内容:東京都病院薬剤師会 第17回通常総会(令和2年度)を開催
東京都病院薬剤師会功労者表彰で表彰される
媒体:週刊薬事新報
8月2日
大学病院 神経学分野 講師 日出山 拓人

内容:閃輝暗点→ふらつき、頭痛の原因は「コロナストレス」
媒体:夕刊フジ
8月1日
大学病院 呼吸器・甲状腺外科学分野 主任教授 池田 徳彦

内容:7月14日の記者懇談会で、日本外科学会コロナウイルス対策委員会の池田徳彦委員長が、
世界的に同感染症の感染蔓延期に、良性疾患の84%、悪性疾患の30%、全体で73%の手術が
一時期延期されたとの海外データなども紹介
媒体:ザ メディカル&テスト ジャーナル
7月31日
大学病院 渡航者医療センター センター長(教授) 濱田 篤郎

内容:京都政経文化懇話会で濱田教授が新型コロナウイルス対策について講演
「コロナの流行は少なくとも来年まで続く。長期的な視点で対策を」と呼びかけ
媒体:京都新聞
7月28日
大学病院 神経学分野 主任教授 相澤 仁志

内容:原因は不明ですが適切な対処法はあります!パーキンソン病を恐れない
媒体:毎日が発見
7月25日
八王子 放射線部 診療放射線技師 藤村 耕平

内容:特集1 CTで心臓を診る 第2回Enhanced CT Imaging Seminar (ECTIS)より
CT derived FFRの現状と課題
媒体:Rad Fan
7月25日
大学病院 高齢総合医学分野 主任教授 清水 聰一郎

内容:認知症「本人告知」に課題(本紙調査、病院など300施設回答)
清水主任教授「(告知は)どうすれば日常生活を続けていけるか考える出発点。
原則として病名と症状を患者本人に告げる」などとコメント
媒体:読売新聞
7月20日 大学 医学総合研究所 分子細胞治療研究部門 教授 落谷 孝広

内容:東京慈恵会医科大学 藤田雄助教と東京医科大学 落谷孝広教授らの研究チーム
コロナで起こる呼吸困難を、微小な小胞「エクソソーム」を吸入して治す手法の
実用化を目指す
媒体:日本経済新聞
7月20日 大学病院 シミュレーションセンター センター長 阿部幸恵(看護学科長)・助教 冷水 育

内容:患者のみかたと看護のしかた
第5日目 幻覚・妄想状態にある統合失調症の患者さん
患者さんの行動の意味を多角的にアセスメントできていますか?
媒体:エキスパートナース
7月17日
7月18日
大学 公衆衛生学分野 助教 町田 征己

内容:新型コロナウイルス感染予防策「口や鼻触らず」実施不足
感染予防、関東で意識調査
媒体:読売新聞/The Japan News
▶関連する研究ニュースリリースはこちら>>
7月12日 大学病院 小児科・思春期科学分野 主任教授 河島 尚志

内容:改良進む新型コロナ検査法 速さと正確さ両立 新技術に脚光
東京医科大学と日本大学などが開発したSATIC法も判定までの時間はわずか25分
河島主任教授「競技場やコンサート会場での活用が期待できる」とコメント
媒体:産経新聞
▶関連する研究プレスリリースはこちら>>
▶実用化に関するHPニュースはこちら>>
7月11日
大学病院 眼科学分野 准教授 丸山 勝彦

内容:急性緑内障
媒体:日本医事新報
7月7日
7月8日
7月9日
大学病院 糖尿病・代謝・内分泌内科学分野 主任教授 鈴木 亮

内容:緊急連載 コロナも重症化 糖尿病は〝万病の元"
①高血糖はなぜ血管にダメージを与えるのか
②なぜ感染症に対する抵抗力が弱まるのか
③65歳以上で増えてくる2型糖尿病 筋肉の衰えと肥満に要注意
媒体:夕刊フジ
7月3日 大学病院 消化器内視鏡学分野 教授 杉本 光繁

内容:からだの質問箱「ピロリ菌除去 注意点は」に回答
媒体:読売新聞
7月1日 大学病院 小児科・思春期科学分野 主任教授 河島 尚志

内容:30分で感染判定、新検査法を開発 東京医科大と日大、実用化めざす 新型コロナ
河島主任教授「PCR検査と同じくらいの精度が期待でき、検体採取時の感染リスクが減る。
薬剤耐性菌の検査や新しい感染症への応用も期待できる」とコメント
媒体:朝日新聞 ほか
▶関連する研究プレスリリースはこちら>>
▶実用化に関するHPニュースはこちら>>

2020年4~6月

6月29日 大学 公衆衛生学分野 講師 小田切 優子

内容:路線バス車いす事故対策 運転者教育など論点に国交省検討会が初会合(委員として参加)
媒体:東京交通新聞
6月27日 大学病院 腎臓内科学分野 主任教授  菅野 義彦

内容:慢性腎臓病(CKD)の食事療法における低たんぱく療法について
【「腎疾患=たんぱく制限」の時代ではなくなった】
媒体:日本医事新報
6月25日 大学病院 放射線部 診療放射線技師 和氣 治雄・黒岡 将彦

内容:がん医療における放射線治療最前線 VariSource iXによるIGBTと精度管理の実際
媒体:インナービジョン
6月20日 大学病院 シミュレーションセンター センター長 阿部幸恵(看護学科長)・助教 冷水 育

内容:患者のみかたと看護のしかた
第4日目 心不全で呼吸困難感のある患者さん
心負荷と右心・左心機能を意識したアセスメントができていますか?
媒体:エキスパートナース
6月20日 大学病院 整形外科学分野 准教授 遠藤 健司
内容:健康ノート 今月の症状 ストレートネック(スマホ首)
媒体:パンプキン
6月12日 大学病院 呼吸器・甲状腺外科学分野 教授 大平 達夫
血液内科学分野 講師 岡部 聖一

内容:がん薬物療法のいい病院リスト、主な医師名
媒体:週刊朝日
6月12日 八王子 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 教授 小川 恭生
内容:2020年版「不定愁訴」に強くなる
50代女性にありがちな症状 CASE5. [ときどきめまいが襲ってくる] 診断や治療法など解説
媒体:HERS
6月6日 大学病院 眼科学分野 講師 臼井 嘉彦
内容:急性網膜壊死(桐沢型ぶどう膜炎)の診断・治療方法
媒体:日本医事新報
6月4日 大学病院 呼吸器・甲状腺外科学分野 助教 工藤 勇人
内容:日本の優れたがん研究に贈られる「後藤喜代子・ポールブルダリ科学賞」
特別賞受賞(肺から脳に転移したがんが増殖する仕組みの研究)
媒体:東京新聞夕刊
6月1日~ 大学 哲学教室 教授 西 研

内容:カント『純粋理性批判』(西研×伊集院光)
*放送時間:月曜 夜10時25分~10時50分<25分×4週で完結>
*再放送は各週水曜の、午前5時30分~5時55分、及び午後0時~0時25分
媒体:NHK Eテレ 「100分de名著」
5月16日 大学病院 消化器・小児外科学分野 主任教授 土田 明彦

内容:Ⅳまさに医療崩壊 がん患者を後回しにする「病院の論理」不要不急の手術は延期
媒体:週刊現代
5月1日 大学 健康増進スポーツ医学分野 主任教授 濱岡 隆文

内容:ナットウキナーゼ 「機能性表示食品」届出受理 日本生物・科学研究所
有効性研究を東京医科大学濱岡教授らとの共同試験の結果を昨年発表
媒体:ヘルスライフビジネス
5月1日 大学病院 消化器内科学分野 准教授 杉本 勝俊

内容:がんを死滅させる「第2のメス」の実力③肝がんの生存率向上を目指すナノナイフ治療
媒体:夕刊フジ
5月1日 大学病院 循環器内科学分野 准教授 里見 和浩

内容:日本メドトロニック 日本初サイドヘリックス付き「左心室4極リード」販売開始
里見准教授「サイドヘリックスによって、より多くの走行・径の血管への対応、より理想的な
場所への留置、留置後の安定性が期待できる」とコメント
媒体:保健産業事報
4月29日 大学病院 消化器内科学分野 准教授 杉本 勝俊

内容:がんを死滅させる「第2のメス」の実力②保険適用になった「MWA」の効果
媒体:夕刊フジ
4月28日 大学病院 呼吸器・甲状腺外科学分野 主任教授 池田 德彦

内容:名医に聞く がんの新常識 小細胞肺がん(後編)
17年ぶり新薬承認!!抗がん剤と併用で延びた生存期間
媒体:東京スポーツ
4月28日 大学病院 消化器内科学分野 准教授 杉本 勝俊

内容:がんを死滅させる「第2のメス」の実力①針に高圧電流を流し細胞を叩く
媒体:夕刊フジ
4月25日 大学 医学総合研究所 分子細胞治療研究部門 教授 落谷 孝広

内容:令和元年度がん対策推進企業アクション統括セミナーを開催
-がん対策推進パートナー賞・厚生労働大臣賞を表彰
表彰式後講演3演題実施 3演題目に落谷教授が「血液マイクロRNAによるがん早期発見
の実用化と課題」と題して講演を行う
媒体:INNERVISION(インナービジョン)
4月25日 大学病院 消化器内科学分野 准教授 杉本 勝俊

内容:第46回超音波ドプラ新技術研究会臨床報告集 序文
媒体:Rad Fan(ラドファン)
4月25日 大学病院 消化器内科学分野 臨床研究医 他 村松 孝洋  他

内容:脂肪肝評価におけるattenuation imaging(ATI)の有用性
媒体:Rad Fan(ラドファン)
4月25日 大学病院 放射線医学分野 講師 佐口 徹

内容:塞栓物質(無水エタノール・NBCA・ゼラチンスポンジ)ガイドラインの要点
媒体:Rad Fan(ラドファン)
4月25日 八王子 消化器内科 臨床研究医 他 菊地 美穂 他

内容:診断に難渋した肝腫瘤の1例
媒体:Rad Fan(ラドファン)
4月24日 大学病院 皮膚科学分野 教授 大久保 ゆかり

内容:もっと知って、「乾癬(かんせん)」のこと 治療は皮膚科に相談を
媒体:リビング東京副都心
4月23日 大学病院 渡航者医療センター 教授 濱田 篤郎

内容:PCR検査抑制「負の側面」
媒体:毎日新聞
4月23日 大学病院 渡航者医療センター 教授 濱田 篤郎

内容:帰国者待機 自覚頼み コロナ感染者 3週間で倍以上
濱田教授「ウイルスは既に蔓延期に入っていると考えられ、『重症化した人をいかに救うか』
が重要になっている。帰国者一人一人の自覚ある行動が求められている」と指摘
媒体:産経新聞
4月23日 大学病院 薬剤部 副薬剤部長 松村 正史

内容:医薬の窓(929)-近着誌から-
媒体:週刊薬事新報
4月20日 大学病院 シミュレーションセンター センター長 阿部幸恵(看護学科長)・助教 冷水 育

内容:患者のみかたと看護のしかた 第2日目 倦怠感のある患者さん
肝機能をAST・ALTだけで判断していませんか?
媒体:エキスパートナース
4月10日 大学病院 精神医学分野 主任教授 井上 猛

内容:4年ぶりの新規抗うつ薬、その実力は?
新たな作用機序を持つ「ボルチオキセチン」が日本上陸
媒体:日経メディカル
4月9日 大学 健康増進スポーツ医学分野 主任教授 濱岡 隆文

内容:ミニ特集:暑さに負けない体を作る 熱中症にならないための汗活
媒体:栄養と料理
4月2日 大学病院 呼吸器内科学分野 主任教授 阿部 信二

内容:「志村けん」を救えなかった「人工肺」のコロナ戦績
媒体:週刊新潮
4月1日 大学病院 消化器内科学分野 准教授 杉本 勝俊

内容:東京医科大学病院・臨床重ね保険適用に難治性「肝がん」をナノナイフで死滅へ
杉本勝俊准教授らが先進医療の穿刺局所療法などでがん細胞を凝固壊死させる
媒体:THEMIS(テーミス)
ページトップ