東京医科大学病院 中央検査部
検査部門案内
血液検査部門        スタッフ(午前8人 午後8人)
末梢血液検査として多項目自動血球分析装置による血球数測定、ヘモグロビン測定、ヘマトクリット測定、血液塗抹標本による血球形態の分類をしています。また止血機能を調べる血液凝固検査を行っています。

○赤血球の検査
赤血球数、ヘモグロビン量、ヘマトクリット値、網赤血球数、血液塗抹標本による赤血球形態(大小不同、形態異常)

○白血球の検査
白血球数、自動血球分析装置による白血球分類及び血液塗抹標本による白血球分類(好中球、好酸球、好塩基球、リンパ球、単球)

○血小板の検査
血小板数

      

○血液凝固検査
止血異常(出血性傾向と血栓性傾向)の有無を知るための検査を行っています。

      

○染色体検査
主に血液疾患の染色体検査を行っています。病的な細胞の染色体を調べることにより、染色体の本数や形の異常などから病気の診断や治療効果の判定につながる情報が得られます。

      



   Copyright (C) 2002-2019 Tokyo Medical Universty Hospital Central Laboratory Division. All Rights Reserved