東京医科大学病院 中央検査部
検査部門案内
微生物検査部門        スタッフ(午前8人 午後8人)
(ルーチン業務)
 微生物検査では提出された臨床材料から感染症の病原体となる細菌の分離、同定検査を行っています。また、有効な治療を行う為に抗菌薬の薬剤感受性検査も実施しています。
 菌の発育状況にもよりますが、早くて3日で検査結果報告をしています。迅速検査は検査結果を30分以内に各診療科及び主治医に電話で報告しています。

検査項目
○一般菌
 
塗抹検査、培養同定、薬剤感受性検査
○抗酸菌
 
塗抹検査、培養同定、薬剤感受性検査
○迅速検査
 
A群溶レン菌、インフルエンザウイルス、ロタウイルス、RSウイルス、クロストリジウムディフィシルD-1抗原
○感染対策業務
 検査以外では感染症対策業務を行っています。病院内での病原菌の検出状況や抗菌薬の感受性率など疫学調査 や感染症の拡大を防ぐための活動をしています。
○その他の業務
 栄養科職員や看護学生の定期的な検便検査も行っています。




   


   Copyright (C) 2002-2019 Tokyo Medical Universty Hospital Central Laboratory Division. All Rights Reserved