プログラムの概要

概 要

がん専門外科医師を含めがん専門医療人については中期的には確保の目処が立ったと考えられる。しかしながら、養成された人材が医療現場において効果的・効率的にがん医療に貢献するためには、技術応用の管理が必要と考えられ、がん診療についての質向上および質保証の包括的枠組みの提供が望まれている。このため、各種低侵襲がん治療方法の習得、総合臨床腫瘍医の養成、がん診療の地域医療における普及・推進、がん臨床研究の推進とその成果の実践応用、がん治療に必要な機器の開発に従事出来る人材の養成、がん化学療法の質向上に貢献できるがん専門薬剤師の養成、これに加えて事務要員の養成を図ることとした。本プランは従来の養成プランの成果を基に発展的に策定したものであり、また、従来の養成プランは大学で継続させ、併せて習得できるように設計されている。

内 容

外科領域の標準治療の習得を前提とした上で、低侵襲治療の講義、ラボトレーニング、臨床実習を行う。鏡視下手術に加え、ロボットセンター、レーザーセンターにおいてロボット手術や内視鏡的レーザー診断・治療の訓練も行う。同時にナビゲーションによる手術計画、手術支援の実施により安全対策も充実させる。

期待出来る成果及び効果

次世代型がん低侵襲治療専門医育成コースの開始により、検診の充実などにより早期発見される癌を根治させつつ機能温存を行えるようにするという社会の要請に応えることができる医師を育てる。がん臨床の独立した分野として研究・教育が推進され、均霑化が促進するとともに、更なる充実や進歩が期待され、国民の福祉向上に益すると考える。

お問い合わせ先

東京医科大学大学院医学研究科
医学科学務課大学院係

〒160-8402 東京都新宿区新宿6-1-1
TEL:03-3351-6141(代)内線228
E-mail:d-gakumu@tokyo-med.ac.jp