脆弱X症候群(Fragile X Syndrome) の治療支援研究サイト
オリジナルリジナルページはこちら(英文)です

東京医科大学小児科遺伝医学のホームページ(翻訳責任者)へ

脆弱X症候群は,遺伝的に精神発達遅滞を疾患の内で最多の疾患です.頻度は全ての人種で,男性では 1,250分の1,女性では 2,500分の1です.この疾患は,比較的余り知られておらず,しばしば誤診されています..

脆弱X症候群協会研究基金(FRAXA Research Foundation)

脆弱X症候群に関する他の links

参考文献一覧(一部日本語) 脆弱X症候群に関して最近出版されたニュースレター,記事,本など.

脆弱X症候群協会(FRAXA)はこのサイトを提供し,またインターネットのアクセスをさせていただいている NetWorx に感謝致します.

このページの内容は定期的に更新されます.頻繁にこのページを身に来て下さい.最終更新日は 2/5/97 です.

脆弱X症候群協会(FRAXA)に関してもっとお知りになりたい方は,次のアドレスまでメールをお送り下さい. <fraxa@seacoast.com>