2015/12/22
研究活動

平成28年1月26日(火)開催 文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「生体分子情報による次世代型がん個別最適化治療法の開発」 中間報告会開催のお知らせ

平成25年度採択 文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業『生体分子情報による次世代型がん個別最適化治療法の開発』(事業番号S1311016)の中間報告会を開催いたします。

日時 平成28年1月26日(火) 18:00~20:00
会場 東京医科大学病院 教育研究棟 3階 大教室(アクセス
プログラム  ポスター拡大はこちら>>

  1. プロジェクトの概要と今後の課題
     プロジェクト長 医学総合研究所 教授 大屋敷 純子

  2. 研究進捗報告
    I. 研究機器整備進捗状況:次世代シーケンサーの臨床応用
     (1) 稀少疾患におけるクリニカルシーケンス
          小児科学分野 臨床研究医 鈴木 慎二
     (2) 眼内悪性黒色腫における体細胞変異解析
          眼科学分野 助教 上田 俊一郎
     (3) 骨髄間質細胞の体細胞変異解析
          医学総合研究所 ポスト・ドクター 東 剣虹
     (4) 肺癌におけるRNAシーケンスの有用性
          分子病理学分野 助教 大野 慎一郎

    Ⅱ. 研究基盤形成進捗状況
     (1) がん幹細胞を標的とした治療戦略:新たな分子標的の探索
          血液内科学分野 准教授 田内 哲三
     (2) がん環境を標的とした治療戦略:エクソソームの役割
          先端分子探索寄附講座 講師 梅津 知宏
     (3) 免疫学的側面から:サイトカインによる骨髄造血の制御と抗腫瘍効果
          医学総合研究所 教授 善本 隆之
     (4) 核酸医薬の実現に向けて
          分子病理学分野 主任教授 黒田 雅彦

  3. 総合討論

    お問い合わせ:東京医科大学 研究支援部研究支援課
    TEL:03-3351-6141(内線412・385)
    E-mail:kenkyu-s@tokyo-med.ac.jp



ページトップ