医学科

深い教養と豊かな人間性を備えた
“最高水準”の医師を育成します

medweboc23oshirase.jpg医学科WEBオープンキャンパス2020 好評につき9月・10月に第2回・第3回の開催が決定しました。

自らの意志で学び、考え、自立して行動する「自主自学」を建学の精神とする本学では、高度な知識と技術を持った"最高水準"の医師の育成を目指しています。医学科では学修成果基盤型教育として6年間で身につけておく教育到達目標が定められ、これらを段階的に学んでいきます。また本学では、グローバル人材の育成のため海外留学の機会を設け、国際的にも活躍できる次世代の医療人に必要な教育を行っています。

**医学科の最新ニュースはこちら>>**

医学科の3つの特徴

1

基礎と臨床の「並列学習」

1年生のうちから「症候学入門」といった6年生と同じレベルの講義が始まります。一方、6年生では、オンライン教材を用いて病態生理学から基礎医学も並行して学んでいきます。このように6年間、基礎と臨床の並列学習をすることにより、高い臨床能力が養われています。
■オンライン教育プラットフォーム「e自主自学」

2

人間学を導入した「態度教育」

「哲学」「社会学」「医療倫理学」「医療プロフェッショナリズム」を「人間学」の統合講義として行っています。「自他への理解」「社会への奉仕」そして「医療と倫理」のテーマを、5年間通して学んでいきます。特に日本では珍しい試みで「書いて考える」を徹底した教育をこの中で行っています。

3

6年間の充実した「臨床実習」

「診療力日本一」を目指した教育を行っています。低学年での「早期臨床実習」で2年間で正常診察を基礎医学を学びながら修了、4年の「PreCC OSCE前実習」にて異常編から正常編までを復習した後、5・6年ではシミュレーション活用やベッドサイドティーチングにて復習します。診察手技を6年間に渡って繰り返し学修することで「患者さんを診る能力」を高いレベルで養われます。
■シミュレーションセンター(大学病院)>>

医学科長 河島 尚志

「与えられたものを覚えるのではなく
自らが考える医療人」を育てる教育

東京医科大学の建学の精神は「自主自学」であり、学生・医師・看護師それぞれが自らを拠り所とし、自主的に勉学に励むことを大切にしています。こうした建学の歴史から、校是である「正義・友愛・奉仕」がうまれ、なかでも社会に創っていただいたという恩に報いるため、「奉仕」の精神を大事にしています。大学においては、君たち学生が中心であり、教職員一同は惜しみない支援をします。

東京医科大学は現在、次の100年にむけて大改革を行い、「多様性・国際性・人間性に支えられた最高水準の医科大学の実現」というビジョンのもと、中期計画を掲げ、更なる前進を続けています。
活気ある東京医科大学で学生生活を過ごし、英知を身につけ、共に将来の日本や世界の医療をリードするための一歩を踏み出そうではありませんか。

ページトップ