新大学病院建設

平成30年6月の工事状況

201806-title.jpg

6月で外装は概ね施工が完了しました。

201806-0.jpg

201806.jpg
空からの撮影(平成30年6月22日)
201806-4.jpg
青梅街道側からの撮影(平成30年6月28日)

外部足場の解体により低層部分の外観も見ることができるようになっています。また9階北側にある講堂のECP(押出成型セメント板)の取付が完了しました。6月末からタワークレーンの「天神」と「雷神」の解体を行い、7月中旬までに「風神」も解体になります。

201806-1.jpg

外部足場解体後東面外装施工完了状況(平成30年6月25日)

外部では、20階の屋上部分のアスファルト防水の施工と防水を終え、コンクリートの打設も概ね完了しました。9階も防水工事後の屋上庭園の植栽工事が始まり、内部では厨房や調理室廻りの防水工事を完了しました。

201806-3.jpg

20階防水、ゴンドラレール施工完了状況(平成30年6月19日)

201806-5.jpg

9階 調理室防水工事施工完了状況(平成30年6月4日)


一方、低層内装工事では地下2階の天井の下地とボード張りが完了し、クロス(壁紙)を張る工事が進んでいます。5階にある手術室は天井内の設備機器や配線も順調に進んでいます。4階のMRI室では電波シールドの銅箔施工が完了し、強力な磁場の影響を受けない様に木軸を使って天井を組んでいます。エスカレーターが設置される吹抜空間(ホスピタルストリート)には足場が設置され、仕上げ工事が始まりました。また、エレベーターを19基設置するための工事が始まり一部は工事用に使用されます。

▼新大学病院建設計画サイトはこちら>>

ページトップ