大学院

【博士課程】「臨床疫学・医療統計学」の講義における統計ソフトウェアSPSSの準備について

「臨床疫学・医療統計学」では、10月31日以降の授業において統計解析ソフトSPSS(IBM Statistics)を使用した演習を行います。
履修する学生は、所属分野を経由して利用申請を行い、インストール済みのPCを持参して授業に臨んでください。
(持参していただく必要がある日程については追って通知します。)
申請からソフトのインストールまでの手続きには時間がかかる場合がありますので、早めに申請するよう気を付けてください。
 
統計解析ソフトSPSSの申請手順
1.本学HPの「教職員の方へ」(http://www.tokyo-med.ac.jp/for-staff/)から学内専用の情報システム室トップページを
 開いてください(学内LANに接続されている機器のみアクセス可)。
2.「情報ネットワーク機器接続申請書」及び「SPSS利用申請書」をダウンロードし、情報システム室に提出。
3.情報システム室から登録完了通知が来たら、学内LANに接続した状態で、SPSSをダウンロードする。
 
※詳細については、東京医科大学病院 総合情報部 情報システム室にお問い合わせください。

ページトップ