法人・大学

第三者委員会第一次調査報告書について

2018年10月23日

学校法人東京医科大学

第三者委員会第一次調査報告書について

 現在本学では、医学部医学科入学試験の合格者選定における不適切な行為を中心とした本学の問題行為に関する事実調査および原因の究明、ならびに必要な改善提案をいただくことを目的として第三者委員会を設置し、平成30年度医学科入学試験から過去に遡り、入学試験の事実調査等を行っていただいております。

 この度、第三者委員会より第一次調査報告書を下記のとおり受領しましたので、お知らせいたします。

 今後、第一次調査報告書の提言を踏まえ、不利益を被った受験生の皆様に対して真摯に対応すべく、本学における対応を検討し決定の上、11月上旬を目途に公表いたします。

 第三者委員会においては、引き続き平成25年度から平成28年度までの医学科入学試験および平成25年度から平成30年度までの看護学科入学試験についても調査を行っていただくとともに、入学試験の不適切な行為の原因等の調査および再発防止策の検討を継続して実施していただきます。なお、これらにつきましては年内を目途に報告していただく予定ですが、調査の進捗により前後する可能性があります。




1. 第三者委員会第一次調査報告書の要旨

2. 第三者委員会第一次調査報告書

以上

ページトップ