研究活動

東京医科大学医学総合研究所 落谷孝広 教授の研究グループが卵巣がんを早期から検出できる血液中マイクロRNAの組み合わせ診断モデルを作成

 本学医学総合研究所 落谷孝広 教授の研究グループは、世界的にも類を見ない計4046例の大規模なヒト血清中マイクロRNAの解析を行い、卵巣がん患者で有意に変化する複数のマイクロRNAを同定し、それらの組み合わせにより卵巣がんを早期から高精度で検出できる診断モデルの作成を報告しました。本研究成果は、卵巣がん診断血液スクリーニングの実現に大きな前進をもたらします。

*プレスリリース(国立研究開発法人国立がん研究センター)はこちら>>

■東京医科大学医学総合研究所 分子細胞治療研究部門

 [ホームページ] http://tokyo-med-mcm.jp/

ページトップ