プレスリリース

【プレスリリース】東京医科大学人体病理学分野の山口浩准教授が参画する研究チームが、遺伝子変異解析により新たな膵がんの発生経路を発見―膵がんのリスク評価や治療法開発に期待―

 このたび、本学人体病理学分野の山口浩准教授が参画する共同研究について、当該研究に関する論文が
米国の科学雑誌「Gastroenterology」(オンライン版)に掲載されました。

■プレスリリースはこちら>(PDF)

ページトップ