新大学病院建設

平成30年11月の工事状況

201811-title.jpg

竣工まで残り4ヶ月となり、11月は内装工事の勢いに拍車がかかってきました。低層部分は床の仕上げまで完了し、照明器具や空調機器等の器具付けまで終わった範囲が各階で増えています。

201811-00.jpg

201811-01.jpg
空からの撮影(平成30年11月21日)
201811-07.jpg
青梅街道側からの撮影(平成30年11月30日)

5階手術室内工事もだんだんと終わりを迎えています。6階はEICUスタッフステーション廻りの広い範囲でクロス工事が完了しました。7階では産婦人科廻りの1床室等が仕上がってきています。サーバー室もOAフロアまで施工が完了し、情報工事へ引き渡すために急ピッチで建築工事を進めています。

201811-03.jpg

7階 産科病棟スタッフステーション(平成30年11月26日)

1~3階にかけてエスカレーター廻りの吹抜部分では、光幕照明や天井工事を実施後に仮設足場を解体しました。中央部分のホスピタルストリート部分も天井工事が終わり仕上げ工事に移行しています。

201811-05.jpg

3階 ホスピタルストリート吹抜光幕照明(平成30年11月28日)

高層部分では、904床ある病室の仕上げが着実に進んでいます。スタッフステーションのカウンター等も施工が始まり、現場当初から検討を重ねたモックアップのお陰で施工も順調に進んでいます。

201811-02.jpg

12階 スタッフステーション(平成30年11月29日)

201811-04.jpg

12階 食堂デイルーム(平成30年11月28日)

一方、仮設工事・外構工事では現場周囲の仮囲盛替や仮設のインフラを本設へ切り替えています。掘削は各所で行われ、免震のエキスパンションジョイント等の残躯体工事も先月から継続となっています。

▼新大学病院建設計画サイトはこちら>>

ページトップ