研究活動 プレスリリース

【プレスリリース】東京医科⼤学低侵襲医療開発総合センターの杉本昌弘教授が参画する研究チームが、唾液中代謝物の人工知能(AI)解析によって乳がんを検出する方法を開発―

 このたび、本学低侵襲医療開発総合センターの杉本昌弘教授が参画する共同研究チームは、唾液のメタボローム解析と人工知能を使って、高精度に乳がん患者を検出する方法を開発しました。当該研究に関する論⽂は、シュプリンガー・ネイチャー社「Breast Cancer Research and Treatment」(オンライン版)に掲載されました。
■プレスリリースはこちら>(PDF)

ページトップ