医学科

令和元年度退任教授最終講義が行われました

 2020年1月17日(金)午後2時30分より大学病院9階臨床講堂において、令和元年度で退任される5名の教授の最終講義が行われました。

 林由起子学長の挨拶に続き、八王子医療センター内科系分野呼吸器内科 一和多俊男 臨床教授の「呼吸生理学から呼吸リハビリテーションまで」から始まり、大学病院医療保険室 葦沢龍人 教授の「私の履歴書(1973年~2020年)ー臨床・研究・教育そして保険診療ー」、高齢総合医学分野 羽生春夫 主任教授の「健康長寿社会の実現へ向けた老年医学の役割」、糖尿病・代謝・内分泌・リウマチ・膠原病内科学分野 小田原雅人 主任教授の「糖尿病と歩んだ歳月」、そして皮膚科学分野 坪井良治 主任教授の「皮膚科診療のパラダイムシフト」と題した講義が行われました。

 午後5時30からは、大学病院9階職員食堂において退任される先生方を囲み懇親会が和やかに催されました。

saisyukogi.jpg

懇親会にて(前列左より小田原主任教授、羽生主任教授、林学長、矢﨑理事長、三木大学病院長、
坪井主任教授、葦沢教授、一和多臨床教授、後列左より石副学長、阿部副学長、河島副学長)

ページトップ