医学科

白衣授与式が行われました ~111名の医学生がStudent Doctorに認定~

 2020年1月から開始される臨床実習を前に、医学科第4学年を対象にした白衣授与式が2020年1月10日、大学病院本館9階臨床講堂で行われました。Student Doctorに認定された111名の医学生は、真新しい白衣を授与され「優れた医療人になる」決意を新たにしました。

 はじめに林学長より、「患者さんを先生として学ばせていただき、また、一人ひとりの患者さんに寄り添った診察ができるよう臨床実習に臨んで下さい」との挨拶がありました。続いて、河島医学科長より「臨床実習を進める中で、この先様々な場面で判断を要すると思います。冷静に物事を決断できる医療人を目指して、臨床実習に励んで下さい」との言葉が贈られました。また、三木病院長より白衣を着る意味の重要性を説かれ「医学生として常にプロフェッショナルな意識を持ち、実習期間が実り多いものになることを期待しています」との熱いメッセージが贈られました。

 引き続き、学生一人ひとりに臨床実習資格認定証および白衣授与が行われました。最後に学生代表より「本学の建学の精神である『自主自学』の理念に則り、校是である『正義・友愛・奉仕』を実践し、信頼される医師を目指して臨床実習にのぞみます」との宣誓があり、閉式となりました。

hakui2020.jpg

ページトップ