大学院

大学院医学研究科:新入生へ向けたメッセージ

2020年4月3日に開催予定の令和2年度大学院入学式を、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止いたしました。
代わりに、研究科長からの新入生の皆様へのメッセージを掲載いたします。

大学院医学研究科:新入生へ向けたメッセージ

研究科長 石 龍徳

 大学院入学おめでとうございます。本来なら入学式でみなさんにご挨拶する予定でしたが、コロナウイルス対策のため、入学式は中止になりました。この機会に、人類がコロナウイルスに打ち勝つために、医学研究がどのように役に立つのかを考えてみたいと思います。コロナウイルスを理解するためには、基礎医学を中心とした分子生物学的な解析が必要です。コロナウイルス感染の拡散防止を考えるには、社会医学的な解析が必要です。薬の開発には、薬学的な知識が必要です。以上の知識を総合して、病態を理解し新しい治療法を開発するためには、最終的に臨床研究が必要です。このように考えれば、現在の疾病(新型コロナウイルス感染症など)に対処するためには、病院での診療が最も大切ですが、未来の診療を支えるのは、これらの医学研究から生み出された新しい医学知識であることが分かります。あなたの医学研究が未来の人類を救うという思いを抱きながら研究に励んで下さい。

IMG_1689.jpg

新宿キャンパスの桜(2020年3月26日撮影)

ページトップ