大学院

【重要】休学期間の延長

2020年4月24日

大学院生の皆さまに

東京医科大学    
学長 林 由起子

東京医科大学大学院 
研究科長 石 龍徳

【重要】休校期間の延長のお知らせ

 COVID-19感染症の収束が見えない状況で、外出制限など不自由な生活を強いられ、ストレスも多いことと思います。

 大変残念ですが、ゴールデンウィーク明けまでを予定しておりました本学の休校期間ならびに学内立ち入り禁止期間を、5月末日まで延長することを教授会で決定いたしましたので、ご連絡いたします。

 今後、状況が変化して通学が可能な見込みがつき、休校期間が短縮される場合には1週間前までにお知らせしますので、大学からの情報に注意してください。また、今後の状況により、さらなる延期の可能性もありますが、皆さんの学修に支障をきたさないよう、できるだけの配慮をいたしますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。

【修士課程 医科学専攻】

 1年次の授業科目は、必修科目(前・後期とも、)1単位 8回、後期の選択科目については、1~0.5単位 8~4回として設定されています。授業日の設定については、幸い、年間スケジュールに十分な余裕があります。その為、現況を見守り、収束の見込みが立てば、現行の授業実施日程を繰り下げ、調整のうえ、6月、さらにその後のスタートとなっても、カリキュラム上に支障はきたしません。2年次生については、最小限とする入構制限の中、ご不便をかけておりますが、可能な範囲で研究指導の先生とのzoom等を介した連絡・指導を通して、既に決まっている研究テーマについてこの時期、手元で出来ることを選択、進めて頂ければと思います。

【博士課程】

 1年次生、共通科目に未履修科目のある2年次以降の院生に向けて、共通科目(必修科目)については、5月末までの講義をオンラインで進められるように準備していきます。準備出来き次第、改めて、ご連絡致します。

 また、受講義務付けのあるオンラインによる研究倫理講習(eAPRIN)について、毎年6月以降の受講案内としていましたが、その受講開始時期を繰り上げて、この期間を有効活用頂ける様に配慮致したいと思います。こちらも、改めて、ご連絡致します。

 6月医学会総会、医学会総会当日を予定しているコースワーク講義・演習の実施についても実施方法、実施日等、別途、配慮・対応を検討中です。こちらも、改めて、ご連絡させて頂きます。

 その他上級生につきましても、最小限とする入構制限の中、ご不便をかけておりますが、可能な範囲で研究指導の先生がたとのメールや一部、zoom等を介した連絡・指導を通して、既に決まっている研究テーマについてこの時期、手元で出来ることを選択、進めて頂ければと思います。

以上

ページトップ