大学院

【大学院】緊急事態宣言解除後の対応について

2020523

院生の皆様

研究科長 石 龍徳

緊急事態宣言解除後の対応について(通知)

 新型コロナウイルス感染者数も減少傾向にあり、ようやく緊急事態宣言の解除も検討されてきました。しかしながら、人の動きが活発化するに伴い、第2波、第3波の感染拡大も心配されているところです。

 本学におきましては、学生の皆様の健康と安全を第一に考え、下記の通り段階的に大学キャンパスの使用制限を解除していきますので、ご連絡いたします。

<体調管理について>

引き続き、毎日、体温等健康状態の記録をお願い致します。下記の2枚は初登校の際にご持参ください。

 体調チェックシート

 旅行帰省歴確認書

 また、万一新型コロナウイルス感染症が疑われる場合には、医学科学務課へ連絡の上、

 発症前後の行動記録を記載し、一切、登校は控える様、徹底願います。

【修士課程】

 キャンパスへの入構は、6月1日以降、可能となる予定です。

 新入生オリエンテーションについては、6月第1週に実施で調整しています。

 1年次の授業は、6月第2週から、ほぼ、下記の時間割に則し、

 対面・ZOOMを用いた授業を併用していく予定です。

 令和2年度医科学専攻(修士課程)授業時間割表

 教育要項(修正前4月開始のものとなります)

 https://www.tokyo-med.ac.jp/graduate/med/master/syllabus.html

【博士課程】

 キャンパスへの入構は、6月1日以降、可能となる予定です。

 新入生オリエンテーションについては、6月上旬、分散実施で検討しています。

 博士課程 履修系統図

  1)共通科目について Step1(4・5月実施予定)は、オンデマンド方式に変更(準備中)

    Step2 (6月以降実施)の授業は、対面・ONLINE(オンデマンド・ZOOM)併用予定

  共通科目予定表 

  2)コースワーク講義・演習 年2回(通年6月・11月)は、7月・11月に変更

    特別講義・実習(実施・日程等、調整)

  3)専門科目 各分野の指示によります。

 教育要項・履修登録(修正前4月開始のものとなります)

 https://www.tokyo-med.ac.jp/graduate/med/doctor/syllabus.html

 〇提出物について

   2年次以上 

    様式2:履修報告および単位取得成績報告書のコピー 履修登録2~7ページ

    2019年度 研究計画書(全て記入済みのもの)  履修登録9ページ ※

    ※平成26年度以降入学者が対象

   全学年

    様式1:履修届(全学年)

     大学院博士課程 履修届

   ※ 別途、手配致しますが、履修届については上記使用頂いても構いません。 

  提出期限 

   当初記載日 4月14日(火) ⇨ 6月12日(金)(状況により猶予)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【図書館】

61日より、本館、分館ともに短縮して開館します。

開館時間:

月〜金曜日:午前9時〜午後430分、

土曜日:午前9時〜午後1230分まで利用可能とします。

【教室、自習室、情報処理室、体育館、グラウンド、その他の共用利用施設】

8月末まで、講義・実習以外での使用を禁止します。

ページトップ