看護学科

オンライン授業

 

 本学では、新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防対策として原則、前期はオンライン授業となっています。これまで大学の教室に集まって行っていた授業は動画として作成し、順次、自宅にいる学生へ配信しています。一部の科目では、web会議サービスを利用して対面で会話することができる形で授業を行うこともあります。

 本学は、開設当初からe自主自学というe-learningシステム(インターネットを使って学習できる)を備えています。このシステムを利用して授業動画の配信などを行っています。2-4学年の学生は普段からe自主自学上で「授業資料をみる、テストを受ける、課題を提出する」などを行ってきましたので、今回、オンライン授業を受けることに、大きな混乱もありませんでした。学生からは「自分のペースで視聴できる。」「わからないときに止めて見直しができる。」「集中できる反面、自分でやっていることが合っているのかわからない」などの意見がありました。オンライン授業を受動的ではなく、動画視聴後の確認テストや授業内容への質問を受け回答する機会を作るなど、双方向性の授業を心掛けています。

 東京都でも緊急事態宣言が解除されましたが、まだしばらくは全面的な対面授業移行には時間がかかると予想されます。今は、学生の皆さんにオンライン授業で学習し必要な知識を蓄積してもらいたいと、教職員はフル稼働してできるだけよい授業にできるように取り組んでいます。

v4-6月NEWS-on-line.png

ページトップ