研究活動

新型コロナウイルスを含む感染症領域のウイルス迅速診断法に関するライセンス契約の締結に合意

 学校法人東京医科大学は、塩野義製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:手代木 功)、学校法人日本大学、国立大学法人群馬大学との間におきまして、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を含むウイルスの新規迅速診断法に関するライセンス契約の締結に合意いたしました。

 詳しくは、塩野義製薬プレスリリースをご覧ください。

 本契約は、東京医科大学小児科・思春期科学分野の河島 尚志主任教授と日本大学文理学部化学科の桑原 正靖教授とで共同開発しました「PCR法に代わる革新的核酸増幅法を用いた COVID-19の迅速診断法 ~唾液などのサンプルから25分の反応で検出機器を必要とせず目視で判定~」による研究(2020年5月14日付プレスリリースに基づくものです。こちらも合わせてご覧ください。

ページトップ