法人・大学

令和2年度 第16回メモリアルデー(医療安全誓いの日)について

 「医療安全誓いの日(メモリアルデー)」は、かつて東京医科大学病院で医療事故に遭われた患者さまのご遺族から本学に対して提出された「東京医科大学への提案10か条」を受け、この事故を風化させることなく安全な医療の実現を誓う日として平成17年に創設、毎年8月に開催しております。

 この「医療安全誓いの日(メモリアルデー)」には、東京医科大学病院に関わる多くのみなさまにもご参加いただき、本学が掲げる「患者さまに信頼いただける、質の高い安心で開かれた医療」について共に考え、その実現を誓う日としております。
 令和2年度第16回の「メモリアルデー(医療安全誓いの日)」につきましては、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、関係者が一堂に会し、講演会等を開催することは控え、大学、大学病院、茨城医療センター、八王子医療センターにて、テレビ会議中継により、関係幹部の出席に限定した開催といたします。また職員においては、この医療安全誓いの日(メモリアルデー)をしっかりと継承するため、各職場において黙祷を捧げる予定です。
 なお、当日の様子は後日ホームページにてご報告させていただきます。

                       記

■日時:令和2年8月1日(土)12:30~
■場所:大学病院9階 臨床講堂 ※関係幹部のみ
    【大学・茨城・八王子】・・・テレビ会議システムにて中継
■進行:12:30 開会 学長挨拶
    12:35 黙祷
    12:36 3病院長挨拶
    12:50 閉会

ページトップ