2021/09/29
法人・大学

【お知らせ】気象警報等による対面授業の取り扱いについて

台風等の自然災害により、東京23区全域暴風警報あるいは特別警報『①大雨・暴風・高潮・波浪・大雪・暴風雪、②地震(地震動)・津波・火山噴火』が発令された場合や交通機関(JRおよび大手私鉄・地下鉄など)が全面的に運休した場合における対面授業(休業期間中の集中講義を含む。)の取り扱いは下記のとおりとします。

暴風警報・特別警報(東京23区全域)

首都圏の交通機関(JRおよび大手私鉄・地下手鉄など)の全面的運休

 ①午前の対面授業を休講とする

  • 当日午前6時の時点で、警報が発令中、あるいは交通機関が運休の場合
  • または午前6時から午前の授業開始までに警報が発令された場合、あるいは交通機関が運休の場合

 
 ②午後の対面授業を休講とする

  • 当日午前10時の時点で、警報が発令中、あるいは交通機関が運休の場合
  • または午前10時から午後の授業開始までに警報が発令された場合、あるいは交通機関が運休の場合

上記により対面授業を休講した場合には、補講その他の代替措置を講じてお知らせします。



東京医科大学

ページトップ