2024/02/14

東京医科大学3病院合同「臨床研修医シミュレーション・トレーニング」を実施しました

 2024年1月20日(土)、東京医科大学病院 シミュレーション・ラボにおいて、「臨床研修医シミュレーション・トレーニング」を3病院合同で実施しました。2020年から新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により各施設で開催していましたが、5類移行に伴い、このたび4年ぶりに3病院合同での実施となりました。

 シミュレーション・トレーニングは、2年間の臨床研修の中間地点となる1年次修了時に、状況設定されたシナリオでシミュレーションを行います。本研修では臨床さながらの診療場面をシミュレーションで実施することで、臨床研修医として身に付けるべき実践的な診療技術・知識の習得と、研修2年目になるにあたり後輩指導について関心を持つこと、さらには自己研鑽への動機づけを図ることを目的としております。各施設の臨床研修医(大学病院:医科39名・歯科5名、八王子:15名、茨城:8名)が、合同でグループを作り、3つのシナリオブースでトレーニングを行いました。

(3病院 卒後臨床研修センター・大学病院 シミュレーションセンター

20240120-1.jpg

交通外傷シミュレーションの様子

20240120-3.jpg

病棟シミュレーションの様子

20240120-2.jpg

グループカンファレンスの様子

参加した臨床研修医のコメント


東京医科大学病院 1年目 臨床研修医 三浦 舞さんのコメント


 1年次修了にあたり、病棟・交通外傷・外来感染対策と3つの場面設定の下、3病院合同でシミュレーション実習を行いました。

 病棟・感染対策では日々の研修や当直で学んできたことを踏まえ、チーム全員で協力しアセスメント・プランを立てることができました。また、交通外傷では、各病院の救命科研修を終えた研修医を中心に一丸となって実習に取り組むことができました。

 今回、他病院の研修医との交流を通じて自分の不足点を知ると共に、これからの研修生活での目標を定めることができました。また4月から後輩に指導を行う立場になることへの自覚が芽生え、大変有意義な1日を過ごすことができました。

 最後に、今回のトレーニングをご指導いただきました指導医、スタッフの皆様に、感謝申し上げます。


茨城医療センター 1年目 臨床研修医 横倉 梨花子さんのコメント


 今回のシミュレーション・トレーニングで最も印象に残ったのは交通外傷のケースです。

 先月外傷のレクチャーを受けたばかりなのですが半分も知識を生かすことができませんでした。その場では理解した気になっても、いざ実践しようとすると理解が浅いことに気づきました。

 今回、実際のケースに近いシミュレーションを行うことで具体的な疑問が浮かび、新たな課題を見つけることができました。また、他の病院の研修医と共に学ぶことでお互いの知識や経験を共有できたことが、とてもいい刺激になりました。

 この度は、我々研修医のためにご指導いただきました関係者皆様、ありがとうございました。

八王子医療センター 1年目 臨床研修医 田山 雄大さんのコメント


 今回、3病院合同でのシミュレーション・トレーニングに参加させていただきました。

 全体を通してとても学びの多いトレーニング内容でしたが、特に、勤務する病院、ローテーションの順番が異なるメンバーでチームが構成されていることで、それぞれに得意な分野があり、お互いがサポートし合いながらトレーニングを進め、その中で自分が不足していた知識や考え方を知ることができたことが、非常に有意義であったと感じました。

 また、最後に指導医の先生方からフィードバックがあり、疑問点も解決することが出来たのでとても実りあるトレーニングでした。

 今回学んだことを今後の診療に活かしていきたいと思います。最後に、本トレーニングを企画いただきました皆様に感謝申し上げます。

ページトップ