2023/12/15
医学科

医学科第6学年の江頭遼太郎さんがUSMLE Step1に合格!

usmlestep1.jpg
USMLE Step1に合格した医学科第6学年の江頭遼太郎さん

 USMLE(United States Medical Licensing Examination) * は米国医師国家試験のことで、アメリカで医師として医療を行うために必須の試験になります。本学もUSMLEの合格者や志望者の増加をうけて、昨年度から選択科目の「自由な学び系科目」** の一つとしてUSMLE受験準備コースが設置されました。昨年度の単位取得者は18名、本年度は2年生から5年生まで20名の学生が受講しています。

 昨年Step 1に合格した牛谷優里亜さん(2020年卒)(本年はOET * にも合格)、Step1,Step2CK,OETに合格しECFMG certificateを取得した関谷又一さん(2021年卒)に続き、本コースを履修した医学科第6学年の江頭遼太郎さんがUSMLE Step1に合格しました。USMLEは、英語による試験であり、英語力とともに日本のCBTや医師国家試験同様の医学知識が要求されます。日本を含む外国人の合格率は5割〜6割程度の難易度の高い試験です。また、USMLEの勉強によって、アメリカの医学教育の特徴である、基礎と臨床が融合した知識体系を学ぶことができます。医師国家試験やその後の医師としての臨床、研究活動に大いに役立つことから、全国の医学部の受験者も近年増加しています。国際的な人材の育成を目指す本学にとっては、今後多くの学生の挑戦を期待しています。(USMLE受験準備コース:分子病理学分野  山田侑子)


USMLEは、Step1、Step2CK、Step3の3段階の資格からなり、現在はOET(Occupational English Test )という英語の試験も必須です。Step1、Step2CK、OETに合格するとECFMG certificateが得られ、米国での研修医(レジデント)が可能になります。

**「自由な学び系科目」は、他にリサーチ・コース〈第1~5学年〉、海外臨床実習コミュニケーション〈第5学年〉、地域医療リーダーズコース〈第1~5学年〉、Road to Top Surgeon〈第3・4学年〉があります。詳しくはこちら>>

医学科第6学年 江頭遼太郎さんのコメント


 この度、10月末にUSMLE Step1を受験し、合格しました。USMLEに合格してアメリカで医師生活を送ることが私の夢で、海外臨床実習やマッチング対策、部活動と並行して準備していました。音を上げずに努力したことで、低学年次に目標としていたUSMLE合格を成し遂げることができ、自分のことを誇りに思っています。

 在学中に合格する為には色々な事と両立する必要がありますが、正しいプロセスを踏めば無理な目標ではないと思います。私の例を参考に、目標を持つ学生がUSMLEを受験することになれば幸いです。私も、残りの試験に合格し夢を実現できるよう、今後ともより一層努力して参ります。

ページトップ