大久保 ゆかり(おおくぼ ゆかり)

大久保 ゆかり

経歴
東京都出身
昭和59年3月 東京医科大学 卒業
平成10年12月 東京医科大学 皮膚科学講座 講師
平成12年12月 米国スタンフォード大学医学部 研究員(平成16年4月まで)
平成19年4月 東京医科大学病院 総医局会 会長(平成21年3月まで)
平成22年4月 東京医科大学 医師・医学生支援センター センター長
平成22年8月 東京医科大学 皮膚科学講座 准教授
平成24年11月 東京医科大学 皮膚科学講座 教授
平成25年4月 東京医科大学 医師・医学生支援センター 教授(11月 医師・学生・研究者支援センターへ名称変更、平成31年 ダイバーシティ推進センターへ名称変更
東京医科大学 皮膚科学講座 教授 兼務(平成26年4月 皮膚科学分野へ名称変更)
平成30年10月 東京医科大学 学長特別補佐

 

資格
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医・指導医

 

学会役員、その他役職など
日本皮膚科学会 代議員、キャリア支援委員会協力委員
日本アレルギー学会 代議員、男女共同参画委員会委員、関東支部幹事
日本乾癬学会 評議員、理事
日本皮膚免疫アレルギー学会 代議員、共同研究委員会委員
日本皮膚科心身医学会 評議員
日本医師会 勤務医委員会委員
東京都医師会 次世代医師育成委員会委員
東京医科大学医師会 副会長
日本私立医科大学協会 女性医師キャリア支援委員会委員
全国医学部長病院長会議 男女共同参画推進委員会委員

 

得意分野
【炎症性角化症】
乾癬 外用薬から生物学的製剤まで適格に選んで治療。
掌蹠膿疱症 確定診断と、微生物と病気の関連に興味あり。
【アレルギー性皮膚疾患】
アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、蕁麻疹などの診断と治療。パッチテストなどによる原因の確定とその除去指導。

 

その他
認定NPO法人東京乾癬の会(P-PAT)の相談医。

 

ひとこと
患者さんのQuality of Life(生活の質)を考えた治療を心がけています。個々の患者さんに必要な生活の注意点をお話しています。

皮膚科学分野について

皮膚科診療について

研究・業績