内山 真樹(うちやま まさき)

経歴
東京都出身
2005年3月 山形大学医学部医学科卒業
2005年4月 東京医科大学病院 臨床研修医
2007年4月 東京医科大学病院皮膚科学講座 後期臨床研修医
2010年4月 東京医科大学病院皮膚科講座 臨床研究医
2012年5月 東京医科大学病院皮膚科講座 助教
2014年4月~2016年6月 新座志木中央総合病院皮膚科 部長
2014年12月 医学博士号取得
2016年7月~現在 東京医科大学病院皮膚科講座 助教(復職)

 

資格
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本旅行医学会認定医

 

診療実績
毛髪疾患(円形脱毛症、瘢痕性脱毛症、パターン脱毛症、先天性乏毛症など)、自己免疫性水疱症疾患、皮膚病理組織学

 

研究内容
円形脱毛症の臨床学的解析(予後因子の多変量解析)、瘢痕性脱毛症の臨床病理学的解析、好酸球性毛包炎の臨床病理学的解析

 

ひとこと
皮膚科学一般と専門外来として毛髪疾患、水疱症疾患を担当しています。治りにくい皮膚疾患も皮膚生検で病理組織学的にみることでさらに詳しく病態を把握でき、治療に結びつけることができます。患者様の病態を的確に捉えて適切な治療法とアドバイスができるように心掛けております。

皮膚科学分野について

皮膚科診療について

研究・業績