脱毛症外来

脱毛症外来当院皮膚科脱毛症外来は脱毛症に詳しい5名の医師が各曜日を担当しています。まず一般外来の初診を受診して、一般的な説明、血液検査、局所免疫療法の感作などを受けてから、次回に脱毛症外来を予約してください。 脱毛症外来では、以下のような症状・疾患の方を拝見しています。

  • 円形脱毛症
  • 男性型脱毛症・女性型脱毛症
  • 休止期脱毛:周期的に脱毛が多くなる
  • 休止期脱毛:周期的に脱毛が多くなる
  • トリコチロマニア(抜毛症):自分で気づかずに抜毛してしまう。学童女児に多い
  • 全身性疾患に伴う脱毛:慢性甲状腺炎、鉄欠乏性貧血、膠原病など
  • 薬剤性脱毛症:抗がん薬だけでなく一般的な内服薬でも生じることがある
  • 先天性脱毛症
  • 瘢痕性脱毛症:扁平苔癬、エリテマトーデス、禿髪性毛包炎など毛
  • 毛幹の疾患:縮毛、結節毛など

円形脱毛症

毛包を標的とする自己免疫疾患です。精神的ストレスがきっかけとなることがあります。類円形の脱毛斑を生じますが、びまん性に脱毛して1ヶ月で全頭脱毛となることもあります。繰り返すことが多い。病歴が長いほど予後はよくない。 罹患率: 人口の0.1-0.2% 、生涯罹患リスクは1.7%、性差:なし、好発年齢:全年齢層、家族内発生:あり

当科における円形脱毛症の治療

日本皮膚科学会診療ガイドラインに沿った標準的な治療を行っています。

単発型・少数多発型
抗ヒスタミン薬内服(推奨度C1)、ステロイド外用(推奨度C1)、育毛剤外用(推奨度C1)
単発大型・多発型 (脱毛斑が全頭の25%未満)
ステロイドの注射(推奨度B)・外用(推奨度C1)、育毛剤外用(推奨度C1)
多発型(脱毛斑が全頭の25%以上)
局所免疫療法(DPCP,SADBE) (推奨度B)、一部にステロイド注射を併用
ophiasis(蛇行)型・全頭型・汎発型
難治です。局所免疫療法、ステロイドの外用・注射、補助療法などを組み合わせるなどして治療を試みます。
補助療法:液体窒素療法、PUVA療法、エキシマライト療法、レーザー療法など
急速進行型
ステロイドの内服・外用、慢性期には局所免疫療法を実施します。無治療でも比較的予後がよいのが特徴です。

各治療の特徴

ステロイド外用
軽症例に有効。局所の副作用があるので漫然と継続しない。
ステロイド注射(推奨度B)
最も確実に発毛が得られます。痛みを伴い、皮膚が萎縮します。1~1.5ヶ月に1回注射。広範囲の脱毛には適しません。
局所免疫療法(推奨度B)
脱毛部位に人工的に軽いかぶれをおこし、毛包を攻撃するリンパ球が集まらないようにします。速効性はありませんが、長期使用による重篤な副作用はありません。保険診療では認められていないので自費診療となります。
ステロイド内服(推奨度C1)
確実に早期に全身の発毛が得られますが、減量すると再燃します。長期内服により種々の副作用を生じるので、内服するとしても急性期のみの短期に限った方がよい。

生活上の注意

精神的・肉体的に余裕のある生活、バランスのよい食事、適切なヘアケア、禁煙。繰り返す疾患なので良くなっても油断せず、悪くても希望を失わない。全頭型、汎発型でも細かい軟毛が生えてきた時は局所免疫療法を試すチャンスです。

男性型脱毛症

壮年性脱毛、若ハゲ、うす毛とも呼ばれます。男性の前頭部と頭頂部の頭髪が徐々にうすくなり、最終的に完全に消失します。細く短い毛が多くなります。 女性型脱毛症(女性の男性型脱毛症):頭頂部の広い範囲がうす毛となりますが、後頭部は正常です。男性と違って50-60歳代に多く男性ホルモンの影響ははっきりしていません。 休止期脱毛症:一時的に頭部全体の脱毛量が増える。女性に多い。出産、過度のダイエット、高熱などが原因となります。原因不明のことも。原因が排除されば改善することが多い。

当科における男性型脱毛症の治療

日本皮膚科学会診療ガイドラインに沿った標準的な治療を行っています。

外用薬(育毛剤):リアップ(1%,プラス,ジェット,×5,リジェンヌ)(ミノキシジル、大正製薬)(推奨度A)
医薬品ですが薬局で購入できます。アルコール基剤なので頭皮に痒みを生じることがあります。そのほかに毛髪力イノベート(ライオン)(推奨度C1)、アデノゲン(資生堂)(推奨度C1)など。
内服薬:フィナステリド(プロペシア1mg)(推奨度A)。デュタステリド(ザガーロ0.5mg)
対象:男性のみ。自費診療で、処方箋が必要です。性機能に関連した副作用を生じることがあります。
植毛術(推奨度B)
後頭から前頭へ毛包を移植します。毛包の分布を変えます。専門医療機関で外来手術を行います。自費診療です。当科では実施していません。
かつら
髪の量の少ない人のカモフラージュには非常に有効です。かつらをしても脱毛が悪化することはありません。形状・値段とも各種あります。

生活上の注意

禁煙、バランスのよい食事、適切なヘアケア

毛髪ビジネスに要注意

特にすぐれた発毛効果がないのに、過剰な料金を請求するグループがありますので気をつけてください。

リンク

The National Alopecia Areata Foundation (米国の患者組織、英語サイト)

円形脱毛症を考える会

大正製薬

MSD

大宮スキンクリニック

アイランドタワークリニック

東京義髪整形

皮膚科学分野について

皮膚科診療について

研究・業績