免疫学

yokosuka.jpg

主任教授

横須賀 忠

講師

矢那瀬 紀子

講師

秦 喜久美

講師

永井 太朗

概要


免疫学分野では、獲得免疫系の中心的役割を果たすT細胞・B細胞のシグナル伝達機構の基礎研究を行っています。特に、T細胞の活性化に必須な「免疫シナプス」、それを構成する活性化シグナルユニット「マイクロクラスター」を先端的手法によって明らかにするなど、免疫細胞における分子イメージングのさきがけ的研究を推進してきました。このミクロな視点からの時空間的研究によって、T細胞の活性化制御機構のみでなく、免疫不応答のメカニズム、疲弊細胞の回復とがん免疫の賦活化、ユビキチンによるT細胞シグナルの終焉と発がん制御、シグナル伝達を担う新たな細胞骨格の機能など、これまで分からなかったさまざまな免疫応答の詳細が明らかになりつつあります。

一方、基礎研究と臨床医学とをつなぐトランスレーショナルリサーチの観点から、これら基礎研究を応用した自己免疫疾患やアレルギーの病態解明や治療・予防法の開発、悪性腫瘍の発症・進展における炎症の役割や腫瘍に対する新規治療ワクチン開発、NKT細胞を用いたがん治療の基盤研究などにも取り組んでいます。

主な研究領域(研究内容)


・T細胞・B細胞シグナル研究

・T細胞シグナルの分子イメージング研究

・サイトカインとヒト樹状細胞分化の研究

・自己免疫疾患やアレルギーの病態解析

・がんに対する新規治療ワクチンの開発
・NKT細胞を用いたがん治療の臨床応用研究

大学院医学研究科について

担当科目名名称


分子免疫学

講義概要


免疫学分野では、発生学、分子生物学、細胞生物学、分子イメージング学、および免疫学的な手法を駆使し、免疫細胞受容体を介する細胞内シグナル、その刺激を受けたときの細胞の振る舞い、および細胞内シグナル情報の異常・失調によってもたらされるアレルギーや自己免疫疾患などの病態解析を行っています。

また、分子イメージングの先端的研究を通して、それらシグナル伝達を目に見える形で理解を深め、さらに、これまでとは全く異なった局面から隠されたメカニズムの解明に挑んでいます。

これら基礎研究を基盤として、がんに対する免疫反応の役割を解明し、ナノ粒子を用いた新規治療ワクチン開発などにも取り組んでいます。大学院講義や実習では、まず系統講義を通して幅広い免疫学の基礎を学習し、次にディスカッションや演習を通して専門的な知識・技能を修得できるよう教職員が支援し、 基礎研究と臨床医学の双方に精通した視野の広い次世代型の研究者育成を目指します。

主な業績



  1. Micro adhesion rings surrounding TCR microclusters are essential for T cell activation. Hashimoto-Tane A, Sakuma M, Ike H, Yokosuka1 T, Kimura Y, Ohara O, Saito T. J. Exp. Med. 2016 (in press)

  2. Differential regulation of T-cell dependent and T-cell independent antibody responses through arginine methyltransferase PRMT1 in vivo. Hata K, Yanase N, Sudo K, Kiyonari H, Mukumoto Y, Mizuguchi J, Yokosuka T. FEBS Lett. 2016 Apr;590(8):1200-1210

  3. Thy28 protects against anti-CD3-mediated thymic cell death in vivo. Toyota H, Sudo K, Kojima K, Yanase N, Nagao T, Takahashi RH, Iobe H, Kuwabara T, Kakiuchi T, Mizuguchi J. Apoptosis. 2015, 20(4):444-454.

  4. Clustering of CARMA1 through SH3-GUK domain interactions is required for its activation of NF-κB signalling. Hara H, Yokosuka T, Hirakawa H, Ishihara C, Yasukawa S, Yamazaki M, Koseki H, Yoshida H, Saito T. Nature Communications. 2015, 6:5555

  5. Vaccination with OVA-bound nanoparticles encapsulating IL-7 inhibits the growth of OVA-expressing E.G7 tumor cells in vivo. Toyota H, Yanase N, Yoshimoto T, Harada M, Kato Y, Mizuguchi J. Oncology Reports. 2015, 33(1):292-296

  6. Protein kinase C-h controls CTLA-4-mediated regulatory T cell function. Kong K-F, Fu G, Zhang Y, Casas J, Yokosuka T, Canonigo-Balancio AJ, Becart S, Kim G, Yates III JR, Saito T, Kronenberg M, Gascoigne NRJ, Altman A. Nature Immunology. 2014, 15(5):465-472

  7. OVA-bound nanoparticles induce OVA-specific IgG1, IgG2a, and IgG2b responses with low IgE synthesis. Yanase N, Toyota H, Hata K, Yagyu S, Seki T, Harada M, Kato Y, Mizuguchi J. Vaccine. 2014, 32(45):5918-5924.

  8. The lymphoid lineage-specific actin-uncapping protein Rltpr is essential for costimulation via CD28 and the development of regulatory T cells. Liang Y†, Cucchetti M†, Roncagalli R†, Yokosuka T† (†equally contributed authors), Malzac A, Bertosio E, Imbert J, Nijman IJ, Suchanek M, Saito T, Wülfing C, Malissen B, Malissen M. Nature Immunology. 2013, 14(8):858-866

  9. Requirement of apoptosis-inducing kinase 1 for the induction of bronchial asthma following stimulation with ovalbumin. Takada E, Furuhata M, Nakae S, Ichijo H, Sudo K, Mizuguchi J. International Archives of Allergy and Immunol. 2013, 162(2):104-114.

  10. Arginine methylation regulates antibody responses through modulating cell division and isotype switching in B cells. Hata K, Mizuguchi J. Microbiology and Immunology. 2013, 57(3):185-192.

  11. Programmed cell death 1 forms negative costimulatory microclusters that directly inhibit T cell receptor signaling by recruiting phosphatase SHP2. Yokosuka T, Takamatsu M, Kobayashi-Imanishi W, Hashimoto-Tane A, Azuma M, Saito T. Journal of Experimental Medicine. 2012, 209(6):1201-1217

  12. A motif in the V3 domain of the kinase PKC-θ determines its localization in the immunological synapse and functions in T cells via association with CD28. Kong KF, Yokosuka T, Canonigo-Balancio AJ, Isakov N, Saito T, Altman A. Nature Immunology. 2011, 12(11):1105-1112

  13. CIN85 drives B cell responses by linking BCR signals to the canonical NF-kappaB pathway. Kometani K, Yamada T, Sasaki Y, Yokosuka T, Saito T, Rajewsky K, Ishiai M, Hikida M, Kurosaki T. Journal of Experimental Medicine. 2011, 208(7):1447-1457

  14. Dynein-driven transport of T cell receptor microclusters regulates immune synapse formation and T cell activation. Hashimoto-Tane A, Yokosuka T, Sakata-Sogawa K, Sakuma M, Ishihara C, Tokunaga M, Saito T. Immunity. 2011, 34(6):919-931

  15. Spatiotemporal basis of CTLA-4 costimulatory molecule-mediated negative regulation of T cell activation. Yokosuka T, Kobayashi W, Takamatsu M, Sakata-Sogawa K, Zeng H, Hashimoto-Tane A, Yagita H, Tokunaga M, Saito T. Immunity. 2010, 33(3):326-339

  16. Spatiotemporal regulation of T cell costimulation by TCR-CD28 microclusters and protein kinase C theta translocation. Yokosuka T, Kobayashi W, Sakata-Sogawa K, Takamatsu M, Hashimoto-Tane A, Dustin ML, Tokunaga M, Saito T. Immunity. 2008, 29(4):589-601

  17. T cell receptor-proximal signals are sustained in peripheral microclusters and terminated in the central supramolecular activation cluster. Varma R, Campi G, Yokosuka T, Saito T, Dustin ML. Immunity. 2006, 25(1):117-127

  18. Newly generated T cell receptor microclusters initiate and sustain T cell activation by recruitment of Zap70 and SLP-76. Yokosuka T, Sakata-Sogawa K, Kobayashi W, Hiroshima M, Hashimoto-Tane A, Tokunaga M, Dustin ML, Saito T. Nature Immunology. 2005, 6(12):1253-1262

主な競争的研究費



  1. 文部科学省科学研究費基金 基盤研究(C) 2016-2018年「ストレス応答MAPキナーゼJNKのアレルギー性炎症誘導機構と分子イメージング」豊田博子(代表)

  2. 私立大学戦略的基盤形成支援事業 2015-2019年「RNAメタボロームによる細胞内小胞体の解明に基づいた革新的がん治療法の開発」橫須賀忠(分担)

  3. 文部科学省科学研究費基金 新学術領域「ユビキチン制御」公募班 2015-2016年「ユビキチンが形成するT細胞抑制性シグナルソームの分子イメージング解析」横須賀忠(代表)

  4. 文部科学省科学研究費基金 基盤研究(C) 2015-2017年「ヒト樹状細胞によるナイーブヘルパーT細胞の活性化・分化誘導機序の解明」永井太朗(代表)

  5. 文部科学省科学研究費基金 基盤研究(C) 2014-2016年「ナノ粒子による抗原特異的な免疫反応の制御とその細胞性機序の解明」矢那瀬紀子(代表)

  6. 文部科学省科学研究費基金 新学術領域「生体イメージ」公募班 2013-2014年「E3ユビキチンリガーゼの機能ドメイン形成によるT細胞活性化制御機構の解明」横須賀忠(代表)

  7. 文部科学省科学研究費基金 基盤研究(C) 2012-2014年「TCRマイクロクラスターと補助刺激受容体ネットワークによるT細胞活性化調節の解明」横須賀忠(代表)

  8. 文部科学省科学研究費基金 基盤研究(C) 2012-2014年「PRMT1シグナル伝達系の免疫反応および免疫関連疾患発症における役割」秦喜久美(代表)

  9. 科学技術振興機構さきがけ「慢性炎症」 2011-2014年「MAPK経路の分子イメージングによるT細胞活性化遷延機構の解明」横須賀忠(代表)

その他(学会理事、事務局など)


日本免疫学会評議員